今日も大切な一日         ~カノンと一緒に~

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » CATEGORY … シンガポール旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行3日目☆再びラッフルズホテルとワンダーフル☆

今更何の話?という感じですが
シンガポール旅行記をほったらかしにしていたので
やっぱり終わりまで書かないとね(^-^;

2回分くらいは書きかけて保存してたので
何とかなるかな

もう、ほぼ記憶が怪しいですが
すみません
お付き合いいただけると嬉しいです

12月30日(月)NO.2

前日スイソテルのバーでシンガポールスリングを飲みましたが
やはり、発祥の本家本元で飲まなきゃ話にならない
ということで
またまた、子供を置いて出かけてきました

本家本元とは
ラッフルズホテルの『LONG BAR』です
IMG_0285.jpg

スイソテルのすぐ近くだから良かった


こちらはシンガポールスリングの誕生したバーなので
ガイドブックにも必ず載ってるし
オトナならはずせない場所ということで
まだ、明るい夕方でも人がいっぱい

人は多かったけど
なんとも心地よいカジュアルな雰囲気
IMG_0282.jpg
IMG_0283.jpg
IMG_0270.jpg
窓側の席に案内されると
すぐに
「シンガポースリン?」と聞かれました

お客さんのほとんどがまずはこれを注文するからでしょう


そうそう、
店内に入ったら
危うく滑りそうになったのだけど
店内の床は
IMG_0271.jpg
こんなことになってます

これは、各テーブルに置いてあるピーナッツ(食べ放題)の殻なんです

殻は床に捨てるのがジョーシキらしい

慣れないから変な感じ
ポイポイ無意識に床に落とすものだろうけど
意識しながら落としてました


ほどなく、しんがぽーすりん が運ばれてきました

IMG_0281.jpg
おー、これがソレなのですね

ちょっと甘くてフルーティーで優しいお味

うん、やっぱり美味しい
IMG_0272.jpg

ダンナサンが人の目も気にせずスマホで動画を撮ったので
良かったらご覧ください
[広告] VPS


このピーナッツも、グラスも、シンガポールスリングの素も
ラッフルズホテルのショップで買うことができます

そのあと、もう一度ラッフルズショップによって
さらにお土産を購入しました
DSC_0093 (3)
お義父さんとダンナサン用のポロシャツ(生地がすごくしなやかで良い)と、
シンガポールスリングの素
DSC_0008 (2)
一本が一杯分で6本入りです
パイナップルジュースで割って飲みます

JCBカードで支払って
またもう一つマグカップ頂きました


良い気分で歩いて部屋に戻りました

それから、時間があったので
ラッフルズシティショッピングセンターで家族でまたまたお買い物

雑貨とか、洋服とか
楽しかったけど
ドラッグストアとスーパーマーケットが一番面白い

ドラッグストアのワトソンズで買った物をちょっとご紹介
IMG_0339.jpg
エリプス
これはヘアビタミンという洗い流さないトリートメント
全然シンガポールの物じゃなくて
バリ島のもの
12粒入って320円くらい

これすごく良かった
冬は乾燥してバリバリになるんだけど、髪が柔らかくサラサラになります

あと、これ
ワトソンズオリジナル
DSC_0012 (4)
ツバメの巣のフェイスパック
旅行前に調べてたら評判が良かったので購入
これは6枚入りで1300円くらい
(だけど、同じワトソンズでも店によって半額のところもありました)

これも、とても良いです
もったいなくてあまり使えないんですけど
確かにGOODです

あと、なんだかよくわからないけど
超セールになってたこのバラの香りのセット
DSC_0013 (5)
旅行用サイズのシャンプーとか、ボディクリームとかソープが
セットで200円ちょっと
(まだ開けてはいないけど、外からはバラの香り全然しない(笑))
でも、ちょっとあげるのにいいかなと、多めに購入

こんなものばかり
ちょこちょこ買って部屋に戻りました

ちなみにラッフルズシティショッピングセンターは夜10時半まであいてます


いい時間になったので
みんなで私たちおんな組の部屋にあつまって
光のショー、を見ました

3泊したけど
いつも帰るのが遅くて見られなかったワンダーフル

やっと最後の夜に見ることができました

DSC_0078 (2)
毎日、20時と21時半の2回行われています
DSC_0079 (2)
マリーナベイサンズに泊まってたら
DSC_0080 (2)
見れない夜景でしょ
DSC_0082 (2)
水面にも白い球のようなのが浮かんでて、それがライトアップされてます
IMG_0180.jpg
すごくきれいだったから動画で撮れば良かったな

一日2回のショーのはずなんだけど
次の日の朝
5時ごろトイレに起きたら
その時間にもやってました
しばらく見てました

夜じゅうやってたのかな?

大晦日だからかな



最終日に続く…


読んでくださってありがとうございます


スポンサーサイト

シンガポール旅行3日目☆オーチャードとハイティ☆

12月3日(月)

3日目はオーチャード地区へショッピングに出かけました

MRTに乗って10分くらいかな

この地区には本当に沢山のショッピングセンターがあって
どこへ行くかあらかじめ調べて選んで行かないと大変です

子供たち、特に男子は一番つまらないと思うので
ここは女子としては物足りないけど
出来るだけ手短にすませました


最初に行ったのは
タングリンモール
アジアン雑貨などがいろいろありました
ここでは
I wanna go homeというお店へ

インテリア雑貨のお店ですね

色々素敵なものがあったけど
娘が即決で買ったものは…コレ
IMG_0328_201401201118073fd.jpg
眼鏡ケースです

旅行中、
「カノン元気かな」
「カノン、ペットホテルのお姉さんにスリスリしてすっかり慣れて
私たちの事忘れてるかも」
「カノンに会いたいよ~」
って、ずっと言ってたワタシたち

やっぱり、キャバリアが目に入っちゃうのよね


いろんなお店を一通り見て
次に行ったのは高島屋

ここで買ったものは
カヤジャムだけ
DSC_0004 (5)
ハハハ…

なんかショッピングって感じじゃないね


オーチャードでお土産を買うなら
特に日本人におススメのお店!
にも行きました

そこは
メリッサというお店
IMG_0262.jpg

日本人がオーナーのこのお店は
スタッフも日本人で
もちろん日本語が通じるし
シンガポールらしいお土産がそろっています

シンガポールという国は多民族国家で
マレーシア、中国、イギリス、インド、アラブ…
さまざまな文化が入り混じっていて
メイドインシンガポールの物を見つけるのが困難です

シンガポールらしいお土産って何だろうと考えてしまいます

誰でもわかるシンガポールらしいと言えばマーライオン関連のものくらい

ありきたりのものはどうも買いたくない、という思いを
かなえてくれるお店です

私が買ったのは写真撮り忘れて、もう人にあげちゃったので
ダンナサンが買ってきたものをちょっとご紹介

バティックという布を使ったエプロン(自分用)
DSC_0004 (4)
ゴルフのマーカー(友達へ)
DSC_0006 (3)
あと、キャップ(帽子、自分用)も買ってました

ちゃっかり、というか、
ちゃんと自分の物買ってて正解だったね

ワタシはというと、家に帰ってから
あーあれもこれも買えばよかったと
すごい後悔…

この店で何一つ自分のもの買わなかった

エプロンもすごい選んでたのにやめちゃったし

貧乏性というか、つい思いとどまってしまうのよね


ここでもJCBカード特典がありましたよ

こちらの巾着袋頂きました
IMG_0337_201401201549267a8.jpg
私の物はこの巾着だけ…(-_-;)
やっぱりビンボーが染みついてる


あ、でも、もうどこで買ったか忘れちゃいましたが
娘とワタシは靴を買いました
DSC_0010 (5)

シンガポールは靴がオシャレで安いと有名なので
いっぱい買いたい~と思いましたが
待ちくたびれ退屈男子のひややかな視線(;一_一)がイタイので
1足買うのがやっとでした(笑)

だって、色々はいてみたりサイズ出してもらったり、時間かかるものね

あ、そういえば
次男もプール用にビーチサンダル買ってたわよ
1日目にラッフルズシティのハワイアナスというビーサン専門店で
DSC_0009 (4)
くたびれたスニーカー柄のビーサン

どれもセールでお得に買えました


ちゃっちゃと(の、つもり)買い物を済ませて
お昼御飯も食べずに
この日は15時前にホテルに戻りました

なぜかというと
15時半からのハイティに行くためです

シンガポールは過去イギリス領だったころの影響を受けていて
アフタヌーンティとかハイティというお茶を楽しむ時間があるらしく
これもシンガポールの文化の一つと体験することに

アフタヌーンティは
lrg_10949332.jpg
3段トレイにスコーンとかケーキとかサンドイッチを乗せられた物を頂きながら
お茶を頂くと言うものですが
(ほんとはこれがやって見たかった)

ワタシたちはお食事も楽しめる、
ハイティというビュッフェスタイルで頂くものにしました



泊まってるホテルの70階のEQUINOXに行きました
IMG_0263_20140121093541338.jpg
ここのハイティはお食事からデザートまで充実しています

IMG_0265_20140121093543b1b.jpg
茶そばにパスタにチキンソーセージ
IMG_0266_201401210935455b1.jpg
お寿司とサンドイッチ
ワタシの盛り合わせの組み合わせむちゃくちゃ

お寿司はどの国の人たちにも1番人気でした
みなさんいっぱいお皿に乗せていました
でも、日本で食べるお寿司とはネタの種類が全然違いました
外国人向けですね
普通のお寿司はサーモンくらいかな

デザート用に胃袋空けておかなくちゃ
IMG_0267_2014012109354770f.jpg
右上のカラフルなのがプラナカンの伝統的なお菓子
外郎みたいな感じ
甘そう~に見えるけど、そうでもないです

その左となりもシンガポールで人気のお菓子
エッグタルトです

いっぱい取ってますがひとくちサイズですから

とは言え、お腹一杯

昼夜かねてのつもりでいっぱい食べました

フルーツもほかの料理もいっぱいあったんですけど
写真がなくて伝わらないですね
スミマセン…

ここEQUINOXはハイティでも人気のお店のほうで
休日などは満席で入れないこともあると聞いていたので
日本から予約を入れて行きました

ここの売りの一つに
高層階からの眺めがあります
私たちも予約の時に「出来れば窓側の席を」と希望しましたが
もう、窓側は予約でいっぱいですということで
残念ながら思いっっっきり!  の 壁際 の席でした(;一_一)


窓側の席はどんな感じかというとですね


IMG_0153.jpg
IMG_0157.jpg
こんな感じでございます
(ダンナサンが、人がいない間に撮りました)

そりゃ、せっかくならこっちがいいでしょ

昼夜兼用というセコイ考えで
おなかいっぱい食べて
ハイティを終えて
5時前

この日もまだ続きがあります
どうも長くなってしまうので
続きはまた次回に


読んでくださってありがとうございます




シンガポール旅行☆セントーサ島☆No.2

12月29日(日)No.2

セントーサで数あるアトラクションの中で
娘がやりたいと言ったのは
メガジップ
メガジップというアトラクション

結構歩いて
小高い山に登り
受付を済ませたら、
お財布などの貴重品を入れるリュック型の袋をもらい
それを背負います

それ以外の荷物は大きな巾着袋にいれて預けます

そして、安全ベルトを装着して
歩いて行って5階建てのやぐらに登ります

そこから
ワイヤロープを伝って
びょーんと海岸まで滑り降りて行くんです

ワタシは
急降下とか、滑り落ちるとか、が大嫌い

娘にブツブツ
「オカアサン、心臓マヒおこすかも」
なんてずっと文句言いながら
長い行列を待ちつつ
じわじわ緊張が高まってまいりました

あまりに緊張していて
首からカメラぶら下げてましたが
写真撮るのも忘れてました

滑り降りて行くときに写真をとるために
首からカメラをぶら下げるように言われて
そうしてたんだけど
絶対そんな余裕あるわけないと思って
途中で背中のリュックにしまいました

私たちの前にやった人の写真だけとりました
DSC_0068 (2)
向こうに見える小さい島まで行きます

写真ももちろん動画も撮れていませんので
どんなものなのかHPの動画でご覧下さい
   ↓
MegaZip
真下に落ちるだけのものとか、
アスレチックとか、
いろんなタイプがあるけど
私たちがやったのは
ずっと先の海岸までワイヤーを滑り降りて行くアトラクションでした

順番が来ると
スタートの柵の前に立たされて
ワイヤーレールに付けられた、滑り降りるための器具に
からだに装着している安全ベルト?をしっかり固定されます

前の人が終了したのを確認したら
柵のドアを開けられ
外にぶら下げられます

もう、スタート地点には安全ネットが張られているとはいえ
足の下は森で
ぶらんぶらん状態

「3,2,1」の合図で
グンっという衝撃があって
ヒュ~~~っと急降下します

ひぇ~



やってみると
最初はほんと森の中に放り出される感じですごく怖かったけど
2/3くらい過ぎたころから
やっと気持ちよく楽しくなりました


なかなか爽快でした

やっぱりやればできるコでした、ワタシ

2回目やってたら写真も撮れたなと思います




メガジップが終わるとおとこ組との待ち合わせの時間になってきたので
連絡とって
アジア大陸最南端の看板のあるところに行きました


島の海岸沿いを歩いて端から端までくらいあって
時間もかかったけど
いろんなものを見ながら歩きました
DSC_0069 (3)
目の前に見えてきたのが待ち合わせ場所
つり橋を渡って行ったところがアジア大陸最南端らしいよ

IMG_0134_201401170952212fd.jpg
P1030921.jpg
最南端の看板
でももうすこし先まで行けるよ
IMG_0137.jpg
双眼鏡があったけど見える景色は
DSC_0070 (3)
さすが世界有数の貿易港
船だらけでした
DSC_0072 (3)

ところで、
せっかく常夏の海に来たのに
青い海、すんだ青い空の写真がありません

残念なことに
シンガポールにいる間
ほとんど青空を見れませんでした

一年中夏のシンガポールですが
この時期は雨季と言われる時期で
日本の梅雨みたいに一日中何日も降り続くことはないそうですが
比較的雨の降りやすい時期なのだそうです

そのせいなのか
ずっと雲が空を覆っていました

雨は1日1回くらい1時間くらいかな?降りはしましたが
雨で困ることはありませんでした


厳しい暑さはなかったけど
1日くらい青い空が見たかったな


話は戻って…
それから、子供たちがもっと遊びたいというので
Skyline Lugeというアトラクションへ

島の移動はゆっくり歩くのもいいけど
無料バスやトラムが走ってます

ここで初めてトラムに乗りました
DSC_0074 (2)
らくちん

さあ、今度のアトラクションは (次の2枚はHPの写真です↓)
sentosa-luge-and-skyride3.jpg
sentosa-luge-and-skyride11.jpg
リフトで山の上に登り
カートで降りてくるというもの

P1030924_2014011710304543d.jpg
リフトのしたにカートがぶら下がってます
これ、みんなが乗って降りてきたカートが自動的にリフトにカチャッと装着されて
人と一緒に山の上まで運ばれる仕組み
良くできてるなあ
P1030925_2014011710305075f.jpg
このリフト、乗ってみると
思ったよりずっと高くて地上から離れてて怖かった~

ずっとゾワゾワしてました

上に着いたら
ヘルメットかぶります
P1030927_20140117102917069.jpgP1030928.jpg
くねくね道をあっという間に乗りてきて終了

人が多くなければ
何度も何度も遊ぶと子供は楽しいかな
5回とかのチケットがありました


夕方になってきたので
セントーサを出ることにしました

本当は夜までいると
光と水のショーみたいなのが見れたり
マーライオンのプロジェクションマッピングなんかもやってたんですよ


みんな疲れてたので
無理しないで早めにホテルに戻りました

夜ごはんは
またホテル隣接のラッフルズシティの中で食べました

前回来た時、すごい行列ができてたこちらのお店
IMG_0253.jpg
『ナムナム』(?)

ベトナムのヌードルのお店です

IMG_0255.jpg
IMG_0256.jpg
酸味のあるさっぱりスープのフォーでおいしかったです



それから
夜、子供たちを部屋に残して
「宿題しなさいよぉ~」と告げてから
ホテル70階のバーに行ってきました

今回の旅行でやりたかったことの一つ
シンガポールスリング ”を飲みに行くこと

IMG_0257.jpg
いい雰囲気でしょ

でも、1杯だけ飲んでさっさと帰ってきましたよ

はい、目的の1つ達成!って感じで(^O^)/


帰ってきたら
みんないい子で宿題……してませんでした



3日目に続きます




読んでくださってありがとうございます



シンガポール旅行2日目☆セントーサ島へ☆NO.1

12月29日(日)

朝、朝食はさっそく付けていただいた朝食バイキングへ

ホテル2階にレストランとカフェがあって
そのどちらでも頂けるようです

1回目は広いレストランへ
IMG_0287.jpg
とても広くて明るい開放的な空間

食べるのに必死で写真は撮り忘れました

2枚だけあったので…
IMG_0247.jpg
こちらでは卵料理を注文を聞いて目の前で作っていただけます
プレーンオムレツ、用意された具材からお好みで作っていただける具入りのオムレツ、
目玉焼き…
二人分を2つのフライパンで手際よく同時に作ってました

もう一つの写真は…
IMG_0121.jpg
この写真の意図するところがわからない

ワタシが撮ったっけ…?

洋食、インド料理っぽいのや、和食はご飯とお味噌汁
シンガポール料理?色々ありました


朝から満腹になって
さて
今日の予定は…


シンガポール本島の南に位置するリゾートアイランド
セントーサ島です


この島へ渡るにはいくつか方法があります
1、セントーサエクスプレスに乗る
2、橋を歩いて渡る(15分くらい)
3、タクシー
4、ケーブルカー(日本で言うロープウェイです)

私たちは、料金がけっこうするけど珍しいケーブルカーで渡ることにしました
DSC_0063 (4)

ホテルからマウントフェーバー駅までタクシーで向かい
そこからケーブルカーに乗ります

大人片道S$24(往復S$29)+入島料S$2でした
我が家は片道でひとり2200円くらい(高いわー)

IMG_0123.jpg
でもこれが結構すごいです
山を越え、海を越え、ビルを越え
IMG_0127.jpg
先に見えるビルは途中のもう一つの駅
ハーバーフロント駅
中に入っていきます
DSC_0052 (3)
この先に見えるのがセントーサ
この駅から乗っても同じ料金です
DSC_0055 (2)
真下に豪華客船が見えます
「謎解きはディナーのあとで」の撮影に使われた客船じゃないかな?
IMG_0129_20140110120326161.jpg
人の姿は見えなかったけど

あれやらこれやらセントーサが上から見下ろせます
DSC_0057 (4)
プール付きのコテージが見えます
泊まってみたーい
IMG_0130_20140110120330c35.jpg
アドベンチャーコーブウォーターパークというプールも見えます
DSC_0059 (4)
セントーサのマーライオンも見えてきました


約12分でセントーサに着きました

まずはセントーサのマーライオンに会いに行きました
P1030911_20140116110640dbe.jpg

シンガポールには3頭のマーライオンがいるんだー、と思ったら
実は全部で5頭いるそうです


こちらのマー様は大きくて
体内に入ることができます

入場料を払って中へ入ると
まず、シンガポールの歴史、マーライオンがなぜシンボルとなったのか、の
映画を見ます

それからエレベーターに乗って10階に

左側に行くとマー様のお口です

カメラマンがいて
順番にお口のところに並んでガオーとやって、とか言われます
そしてあちらのカメラで撮られますが
自分のカメラを渡すとそれでも撮ってくれます
P1030913.jpg
あちらのカメラで撮られた写真は後ほど購入できますが
私たちは見もせず買いもしませんでした

だってきっと高いものね

だけど、写真撮っただけで
お口から外を眺める時間は全くナシ

だってはい、次、はい、次ってかんじで
入れ替わらなきゃいけないんだもん


その次は、マー様の頭の上に上がります
DSC_0062 (4)
フムフムと眺めて
さっさと降りてきました

出口にお土産ショップがあって
しばらくそこでお土産選びをして
外に出ました





この島には、
ユニバーサルスタジオや、水族館、プール、ビーチ、カジノ
あと、いろんなアクティビティがあり、1日では遊びきれません

私たちは1日しかいられないので
アドベンチャーコーブウォーターパークというプールで遊ぶことをメインに計画してましたが
なんと、長女がまさかのツキイチのその日がきてしまい
我が家は再び
おとこ組とおんな組にわかれることに相成りました

まったくね~
仕方ないけどね

子供たちが一番楽しめる日であろう
楽しませてあげよう
と思っていただけに
残念です

ハプニングばっかりであります



プールの様子は行ってないのでわかりませんが
ダンナサンが撮った載せます
P1030918.jpg
P1030916_201401161057321b1.jpg
プールだからやはりあまり写真撮れなかったらしい

仕方なくHPより写真拝借しました
Dueling-Racer_LR.jpgPipeline-Plunge_LR.jpgSpiral-Washout_LR.jpgWhirlpool-Washout_LR.jpg
ウォータースライダーは全部で6つもあったらしい

他にもいろいろ
SplashworksV2.jpgRay-BayV2.jpg
list-display_RWS_MLP_RainbowReef_240x140.jpgAdventure-River-Surround-Aquarium.jpg
お魚と泳げるなんて面白そう
いろんな場面を通り抜ける流れるプールは飽きるほど長いそう


年末だし、日曜日だったし、とにかく人が多くて
6つもあるウォータースライダーもどれも長蛇の列で
1つか2つしか滑れなかったそうです

シュノーケリングで魚と泳げるプールも
やはり行列が長くて諦めたそうです



混んでいなければ
とっても楽しめたと思うんだけど
残念でした



一方、
私たちおんな組は特に目的もなく
大半をショッピングに費やしました

最初に行ったのは
CANDELISIOUS
ワクワクするようなお菓子のお店
DSC_0066 (2)
DSC_0067 (2)
入口から
楽しくなっちゃう
IMG_0249.jpg
冷蔵庫のキャンディみたいなのも甘そうだけど
見てるだけで楽しい
IMG_0248.jpg
IMG_0252_201401132322556e2.jpg
ジェラートは試食どうぞーって食べさせてもらい、おいしかったので
二人で食べました

娘もお友達にお土産買って
私は自宅用に
!cid_5A06873B-FC6A-4163-9176-122013D49999_20140116101322da7.jpg
ケーキサーバー
つい先日のダンナサンの誕生日に使いました
!cid_885B6C55-3054-45CF-ABCE-0810A41AD2B6_201401161013245e9.jpg
ケーキサーバーのほうが豪華
本物、負けてる…(^_^;)



その後だらだらとあてもなく歩いてましたが
娘があるアトラクションをやってみたいというので
私は普通なら絶対パスするところですが
何しろ二人きりなので
しぶしぶ
ほんとにしぶしぶ一緒にやることにしました

それについてはまた次回に…


読んでくださってありがとうございます

シンガポール旅行1日目☆マーライオンとベイサンズと☆

12月28日(土)No.3

ホテルの部屋から見えたマーライオンパークまで歩いて行くことにしました

近いと思って歩いたら思ったより距離がありましたが
マーライオンです
IMG_0235.jpg
とはいってもこれはミニマーライオン
有名なマーライオンと背中合わせにちょっとだけ離れて立っています

ホンモノはこちら
IMG_0238.jpg
マリーナベイサンズのお船をくわえて水はいてます(笑)

DSC_0029 (3)
娘はお決まりのポーズで…うまく撮れたね

IMG_0104_20140108164158fae.jpg
ダンナサンは頭にお水掛けられてる?

それからすいかアイスなど食べながら
IMG_0242_2014010816462622d.jpg
歩き

対岸のマリーナベイサンズに行くため
リバータクシーに乗りました

DSC_0030 (4)
DSC_0032 (4)
貸し切りでした~
ひとりS$4(330円くらい)でした

ベイサンズホテル前にあるショップス・アット・マリーナ・ベイ・サンズ
IMG_0113_2014010916271478a.jpg

大きなショッピングセンターです

高級ブランド店がいっぱい

お手頃なお店もあるけど
我が家は歩いただけでした

夕飯はフードコートでと決めていたので
この中にあるフードコートへ
IMG_0245.jpg
すごく広いけど、ものすごい人

かなり時間かかったけど
なんとか席を確保して
各々食べたい物を物色

写真をとり忘れましたが
子供たちは無難な和食のカツ丼とかラーメンを食べました
ダンナサンはサテーというシンガポールの焼鳥
ワタシはこれもシンガポール名物料理と言われるチキンライスを選びました
IMG_0246 (2)

結果は……ザンネン(-_-;)

ここはいわゆる有名店ではなかったので
きっとガイドとかに載ってる有名店で食べればおいしいんだと思います

ワタシ、すごく楽しみにしてたのに

中まで火が通ってない蒸しチキン、
鶏の生臭いスープ
鶏のスープで炊いたライスはニンニクの味しかしなかった

残すのは嫌いですが
半分も食べられませんでした

結局ここ以外でシンガポールチキンライスを食べるチャンスがなかったけど
初めて行く人はまず有名店で食べてみるべきですね

フードコートでもおいしいお店はいっぱいあるみたいだし


ダンナサンのサテーもいまいちだったよう

隣の席の日本人家族もいっぱい残してました

同じ満席で待つなら
やっぱりディンタイフォンで食べたかったな~
小龍包…


なんだかブルーな気分になりましたが
この日はもう一つ行きたいところがあったので
元気を出して歩き出しました


行きたかったところは
夜7時ころからがお勧めと聞いていたガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

マリーナベイサンズの後ろ側にあるいわゆる植物公園なのです

ここへ行くのが大変でした
すぐ後ろだろうと適当に歩きだしたら
案内板を見て進んでいるのに
途中から案内が無くなり全くたどり着けない

矢印がショッピングセンターの4階に向いていたので上っていくと
屋上に出ただけで、わからなくなり
ショップスアットベイサンズ屋上
屋上から見えるアレです

また下に降りて外に出てあちこち歩き回り
現地の人に尋ねたらあっちとか指差すので
そっちへ行ってもどうも違う

でも歩き回ってる途中で真下から見上げるマリーナベイサンズはすごかった
DSC_0040 (3)
この角度から見ると怖い…クラっとします
IMG_0115.jpg
何なんだこの建物は
DSC_0041 (3)
落ちてきそう~

散々歩き回って
やっと、マリーナベイサンズホテル内から橋で繋がってる行き方を見つけたときには
ずいぶん時間が経ってました

ガイドブックには載ってたのにね
荷物になるから持って歩かなかったし
近いから行けるでしょと甘く見てました
勉強不足でした

まともに行く距離の5倍くらい歩いた気がします

ずいぶん遠回りして21時ころたどり着いたけど
その幻想的な光景は印象的に心に残っています
DSC_0047 (3)
DSC_0045 (3)
DSC_0042 (3)
巨大エリンギみたいな建造物を渡り歩く遊歩道を歩くつもりだったけど
すでに20:30に遊歩道の入口はクローズしてました

実際見るとかなり高くて、細くて怖そうだったから
内心ホッとしたかも…

ここは巨大な温室も2つもあって
興味のある方は昼間にゆっくり行かれたほうがいいかと思います


それからはスムーズにベイサンズまで戻って
タクシーでホテルに戻りました



マリーナベイサンズの屋上のスカイパークは
宿泊者以外の人は
ひとりS$20(1600円くらい)で行くことができますが
(JCBカード利用でいくらかOFFになるみたいでしたよ)
お船の先端部分しか行けないらしく
プールもほとんど見えないらしいので
家族も「別に行かんでもいいんじゃない」というので
我が家はパスしました


入場料を支払ったうえで
無料ガイド付きツアーというのに参加すれば
プールの後方から少し見ることができるらしいですが
時間と定員が限られているのでこの時期は無理かなと
諦めました

ホテルに戻ると部屋からの夜景を楽しむ気力もなく
みんなクタクタで、倒れる様に寝てしまいました


2日目に続く…



読んでくださってありがとうございます


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。