今日も大切な一日         ~カノンと一緒に~

08月« 2017年09月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»10月
BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … お医者もいろいろBLOGTOP » ワタシの日記 » TITLE … お医者もいろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お医者もいろいろ

娘が高2になって
部活の保護者会役員の仕事が
急に忙しくなって
てんやわんやしていました

親も楽しんでいるんですけどね


PCで原稿作ったりずっとしてたので
みなさんのブログもぜんぜん訪問できず




うちのカノンはもう完全復活!

食欲増進です


今、ブログ用にカノンの写真撮ろうかと思ったら
充電切れてた ガックリ


今日の話はカノンも関係ない
ワタシのことです

突然書きたくなったので…

1カ月以上前から右ひじが痛くって
でも、痛いとはいっても
押さえて痛いのではなく
日常のある動作をした時

たとえば、
片手鍋を持ち上げて動かす時、
雑巾や布巾を絞る時、
お風呂掃除をするとき、など

つまり、手首をひねる動作が出来なくなっていました

寝起きは何もしなくても痛い

時々ズキーンと痛い

何かで痛めた覚えが全くないのだけど
まあ、歳とってくると
みんなあそこやここやが痛くなってきて
シップ薬貼るしかないんだろうね
とは思ってたんだけど
なんせ右手だし
日常の家事に支障があって
イライラしてくるし…

3週間目くらいに思い切って
ある外科に行きました
(整形に行かなかったのがいけなかったんだけど
わけあってちょっと知ってる医院だったので)

先生にここがこうすると痛くて…って説明すると
先生から帰ってきた言葉
要約すると
「そんな程度の事で医者に来ないで」という趣旨のことを
延々言われました
「僕だって肩がもうずっと重いもの持つと痛くて
持てなくなったけど別に調べようとも思わないし、
重いもの持たなきゃいいんだし」

そして信じられない言葉が…

「はっきり言って興味がない

さらに
「どうしてもって言うなら○○整形に行ったら?
でも、そんなので来られてもあっちも迷惑だと思うけど」


その場では
「そうですね、家にあるシップでも貼っときます。
ありがとうございました」
と言って笑顔で診察室を出ました

シップも何も処方されず、診察代も取られなかったけど
医院の扉を出たら
恥ずかしいけど無意識に涙が出てきました



どうせたいしたことないって言われるだろうけど
行ったら安心するかもって安易だろうけど
これでも結構思い切って行ったのよね

ここまで迷惑がられるとは思わなかった


それから
シップ貼ってたけど一向に良くならず
やっぱり右手だから使うし


整形外科にやっぱり行ってみよう
レントゲン一応撮ってもらって
何もなければそれだけで安心


迷惑がられても
こっちは素人の患者なんだから
医者としてそんな態度をとるほうが間違ってる!

毎日、入院中の義父のところに義母を連れて行っているのだけど、
そこが整形外科だったことに今日気が付きました(ホント^_^;)

義母が義父の病室に行っている間に
診てもらいました

どう説明しようか
ともかくレントゲンをお願いしよう
先日行った病院で
「こんなことで来るなと言われました」って言っちゃおうかしら

いろいろ言うことを考えてました



呼ばれて診察室に入ると
簡単にワタシの話を聞いて
すぐ察しはついたような感じ

一応レントゲン撮りましょう

何も言わなくてもレントゲンを撮ってくれました

結果、骨に何も異常ナシ

「手を伸ばして手の甲を上に起こして」

「痛いです」

「うん、じゃあ今度は手を下に」

「なんともありません」

「うん、これはねテニスする人がよくなるテニス肘と同じですよ。」


ワタシ、テニスやらないし、痛める動作をした記憶もないのだけど
どうやらソレらしいです

色々説明してくれて
痛み止めの注射打ってくれて
レーザー治療器15分かけました
(この治療器かなり年代物っぽくて怪しかったけど)

痛みがとれなかったら1週間後位にまた注射しましょう
と言われ、
塗り薬と痛み止めの飲み薬と胃薬を出してくれました



前出のお医者さんと真逆でした

考えようによっては前のほうは
やる気がない、儲け主義でもない医者

後のほうは
丁寧、優しい、でもちょっと儲け主義だったりする?


実は前出の医院は
先生がこういった患者をちゃんと診ないで相手にしないせいで
患者さんがどんどん減ってガラガラなんです

ワタシはずっとここにかかっていましたが
今まではワタシにはそういう態度とられたことなかったんです

とにかく大したことなさそうな
ただの風邪とかでは行かないほうがよいみたい

後に行った病院は
先生もご高齢ですが
患者さんの話をちゃんと聞いて
処置も色々やってあげるのでお年寄りが多いです

大したことじゃなくても
病院行ってもほんとはあまり意味がなくても
電気当てたり
注射してもらったり
お薬出してもらうだけで
特にお年寄りは安心するんですね

過剰な投薬や
必要以上の機械による治療は
もちろんよくありませんが

ワタシもそんな感じでした

ちゃんと患者扱いしてもらって
診断結果がわかっただけで
精神的に良くなりました
痛みはありますがもうイライラしません


何かわかっただけで良かったんです



お医者さんも色々ですが
その人にとってはつらい思いをしてきてるということ
その気持ちをくんで
気持ちだけでも
少し元気にしてあげられる人であってほしいです


さあ、明日からがんばろう!



長々と読んでくださってありがとうございます
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

*** COMMENT ***

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。