今日も大切な一日         ~カノンと一緒に~

03月« 2017年04月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»05月
BLOGTOP » CATEGORY … シンガポール旅行

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンガポール旅行1日目☆ホテルのお話☆

12月28日(土)No.2

今回は宿泊したホテルのお話です

ハプニングもありの…


フロントに言われた14時まで時間をつぶして
さあ、やっと部屋に入れる、とホテルのフロントに行くと
すごい行列です

並んで数十分、チェックイン手続きは済んでいるので
やっとフロントでカードキーを頂こうとしたら
まだ部屋が用意できないので16時に来てくださいと言われました
お詫びに3日分の朝食バイキングをお付けしますと

朝食をつけていただけるならと(これはすごく嬉しいし助かる~❤)
また、後2時間時間をつぶすことに

ショッピングセンターが隣接してるので
その点本当に便利でした

高級ブランドからカジュアルショップ、雑貨、スーパーマーケット
ドラッグストア、フードコート、レストラン、カフェと
なんでもそろっています

年末セールなのかあちこちで30%~50%off

お土産を買ったりしながら
2時間過ごし
いよいよとホテルに戻りました

するとフロントはまた長い行列が…

キーを受け取るだけなのに
また並べという

何度も並んでその挙句まだ入れないと言われてきたのに
また並ばなければいけないのか、と
ダンナサンさすがにカチンときました

ワタシ、内心ヒヤヒヤしながら横にいましたが
こちらが明らかに不快な態度だったので
こちらへ…と、奥の別のカウンターに案内されました

そこには日本人の女性スタッフがいて
そこからは話が通じてこちらも話しやすくなりました
(拙い英語での会話はお互い疎通がとれなくて大変でした

結局、すぐ部屋に案内してもらえることに

でも、24階の部屋だと言われ
「39階と聞いていたが」、と伝えると
「ご案内する予定だった39階の部屋は先客がまだチェックアウトしておられないので、
24階の部屋のほうが改装済みで綺麗なお部屋なのでお勧めですが…」と言われました

「部屋をご覧になってみられますか?」
と、言われたので
そうさせてくださいといい見せてもらいました

眺めも悪くなく、きれいな部屋だったので
そこに泊めていただくことにしました


わがまま言ったようですが
このホテルに決めたのにはわけがあって


今、シンガポールと言えば
SMAPのCM(←CMの映像見れます)で有名になったマリーナベイサンズ
IMG_0097.jpg
その屋上のプールで泳ぐ、ということが一つのあこがれでもあると思いますが
我が家も、そこに泊まるかどうか悩みました

宿泊者しかプールに入ることはできないし、
それどころか、プールを外から眺めることもほとんどできないのです

子供たちはもちろんあのプールで泳ぎたいと言っていましたが
家族5人で宿泊するには我が家にはぜいたくで
(5人だと2部屋取らなければいけないんです)
1泊だけでも、とも考えましたが
あちこちホテルを変えるのは時間的にもかなりロスするので結局やめました


そのかわりマリーナベイサンズが見える眺めの良いホテルを探し、
費用的にも半額くらいですんだこのホテルに決めたんです

スイソテルは70階の高層ホテルですが
ハーバービューで、ある程度高層階で、など
希望をきちんと伝えなければ
ぜんぜん眺望がちがうと思います


そして私たちが泊まることができた部屋からの眺めは…



DSC_0024 (3)
素晴らしかったです

毎夜おこなわれるワンダーフルという
ベイサンズの屋上などから発する光のショーが楽しみです

ここには写っていませんが
黒川紀章設計の大観覧車や、マーライオンも見えました


先ほども言ったように
ワタシたちは5人家族なので2部屋取らなければならないのですが
このホテルはご覧のように
IMG_0087_2014010719031301d.jpg
マリーナ側が半円になっていますので
隣の部屋になると角度が変わってしまって
もう一つの部屋はこれよりは少しベイサンズは見えにくいお部屋でした

でも、なかなか良いお部屋で大満足
IMG_0099.jpg
IMG_0100.jpg
DSC_0023 (4)
DSC_0021 (4)

では、部屋も決まって安心したので
再び観光に出かけます

もう夕方ですが
シンガポールの日没は年間通して19:30くらいらしいので
まだたっぷり遊べます



読んでくださってありがとうございます






シンガポール旅行1日目☆プラナカン博物館とラッフルズホテル☆

12月28日(土)No.1

無事、おとこ組と合流して
部屋でシャワーを浴びて
荷物を整理したら
チャンギ空港内で朝ごはんを食べるために
いったん外出しました

シンガポールは安くすませるためには
ホーカーという屋台のようなところかフードコートがよく、
あちこちに沢山ありますが
ほとんどがローカルフードで
朝からなんとなく重い気もしたので
有名なヤクンという店のカヤトーストを頂くことにしました
P1030907.jpg
P1030909.jpg
カリッカリのラスクのようなパンに、
カヤジャム*を挟んだサンドです
*カヤジャム…ココナッツミルクと砂糖と卵で作られています。シンガポールの定番フード。

あまーい、ミルクジャムみたいな感じ

おやつ的な感じですが
おいしかったです



軽ーい朝食を済ませ
ホテルに戻り荷物を持ってチェックアウト

ここからMRTという電車に乗ってシンガポールの中心部へ向かいます


MRTは空港からしばらくは地上を走りますが
中心部に近づくと地下にもぐります

目的のシティホールという駅まで30分くらい

駅に着き改札を出るとラッフルズシティというショッピングセンターに直結しています

その中を歩いて行くと
ROLEXの横の通路から
スイソテル・ザ・スタンフォードホテルに直接行くことができます

このホテルが私たちがその日から3日間宿泊したホテルです

駅とショッピングセンターとホテルがつながっているので
とても便利なのです


チェックインできるかなと、10時に受け付けに行きましたが
まだ用意できないので14時に来てくださいと言われ、
チェックインの手続きだけ済ませました

「出来れば高層階にとあらかじめお願いしてあったのですが」と尋ねると
39階の部屋ですと言われました

安心して、スーツケースを預け
身軽になって近くの観光に出かけました


ここはシティという地区で
すぐ目の前(とはいってもホテル正面の反対側)が
有名な老舗ホテルのラッフルズホテルです

でも先に、歩いて10分ほどのところにある
プラナカン博物館に行きました

DSC_0004 (3)
白い素敵な洋館です

ここは何の博物館かと言うと…
(手抜きして、シンガポールnaviというサイトからコピーしたものを下にペーストしました)

マレー半島は何百年にも渡って交易で栄えた東西の十字路。15世紀後半からマラッカやシンガポールにやってきた中国系移民たちは、現地の女性と結婚して、この地に根付きました。混血の子孫たちはマレー語で「~生まれの子供」という意味を持つ「プラナカン」と呼ばれ、中国やマレーの文化とヨーロッパの文化をミックスさせた、華やかな生活スタイルを築きました。
その生活の様子を、充実した所蔵品とともに再現しているのが「プラナカン博物館」。白亜の壮麗な建物は、1912年に建てられた学校を利用したものです。3階建ての館内は、プラナカンの結婚式や服飾文化、宗教や食生活などのテーマに沿って構成されていて、彼らの独特の伝統文化をわかりやすく伝えています

と言うことです(^_-)-☆
DSC_0007 (4)
パステルカラーの食器
DSC_0009 (3)
繊細な模様の敷物
DSC_0010 (4)
これぞ富の象徴というべき螺鈿と大理石の椅子
DSC_0011 (3)
家具に施された精細な彫刻
DSC_0013 (4)
どれもこれも素敵なビーズ刺しゅう
DSC_0015 (5)

豪華絢爛でございました

注)撮影はフラッシュたかなければOKでした

刺しゅうや食器は繊細で優しい色合いで
欲しくなってしまうほどですが
これほど手の込んだものはなかなか…

ショップにも立ち寄りましたが
結構高いのね
プラナカン雑貨は別のところで買うことにし
何も買わずに博物館を後にしました

DSC_0019 (3)
外にはこんな可愛い建物がありました
1階が店舗で2階が住居となっているこういう建物を
その後もあちこちで見ました
ショップハウスと言うようです


次に向かったのは
ラッフルズホテル

IMG_0228.jpg
先ほどの博物館と同じような白い洋館ですが
なんだかやはり得も言われぬたたずまい
ちらっと見える背の高いドアマンはとても有名で
ラッフルズショップでキャラクターとなってグッズも売っているほどです
近くで写真をとりたかったのですが
とてもお忙しそうでした
ラッフルズドアマン
HPより

身長2mくらいありそうな長身の素敵なドアマンです
まさにラッフルズホテルの顔ですね



ワタシったら、これ以外にここで写真をとっていませんでした

でも、一度は訪れるべき場所ですね
何もかも憧れるホテルです

ショップではお買い物しました
DSC_0089_20140109151921736.jpg
紅茶など買いました

ここで、
これから行かれる方に お得情報です

JCBカードで150シンガポールドルお買い物すると
オリジナルプレゼントがもらえます
ワタシが頂いたのはコレ
ラッフルズプレゼントカップ
たっぷり入る大きめマグカップです

JCBのHPでたびらばというページを開くと
お得な優待情報がいっぱいのっています
今回の旅で結構使いましたよ

JCBカードをお持ちならぜひ

たびらばの優待ページをプリントアウトして行くのが確実みたいです
すごく沢山出ているので、行く可能性のあるお店を選んですべて印刷して持っていきました

でも、期間があったりしますので
確認してくださいね




あ、おまけですが
ラッフルズショップにこんなものが貼ってありました

「謎解きはディナーの後で」の映画撮影でシンガポールに来た時のものですね
IMG_0268.jpg
日本の新聞ですが

あと、櫻井くんがラッフルズホテルで撮った写真も飾ってありました
!cid_CEEF5D5F-0331-401A-B4BF-1A3C6A7F71BE.jpg

ワタシたちは見落としたのですが
ホテルの中にも、
ここを訪れた世界のスターやイギリス皇太子夫妻らの写真と共に
櫻井くんの写真が飾ってあるらしいです
(上の新聞の記事になってますね)

そのあと、3階にあるサニーヒルズというお店の
パイナップルケーキを買いました
サニーヒルズ
これは台湾のお菓子ですがとても美味しいです
中にパイナップルジャムが入ってます

10個入りで25S$(私たちが行った時のレートで2000円くらい)

日持ちするらしいのでいっぱい買えばよかったな
1箱しか買わなかったの~

日本でもつい最近南青山に国内1号店がオープンしたそうですね
すごい斬新な建物だとテレビでみました




それから歩いて、ホテルのところのラッフルズシティに戻って
お昼ごはん

ウインドウショッピングしながら
お店を探し
入ったのは韓国料理のお店「bibigo」
小奇麗なカフェ風のお店
IMG_0088.jpg
お値段もちょっと高めでしたがおいしかったです



この日の日記はまだまだ続きますが
長くなりそうなので
また次回に




読んでくださってありがとうございます




シンガポール旅行出発日

旅行から帰ってきました
帰ってからずいぶん経ってますが…

覚え書きのような日記のようなものになりますが
自分のために記しておきたいと思います


12月27日(日)

    11:00 ダンナサン、長男、次男のおとこ組、マイカーで広島空港へ出発
          カノンを連れて途中、ペットケアショップハートへ
       
娘が午前中、部活掃除のため、
娘とワタシのおんな組は遅れて別便で向かいました
(みんなで遅い便で行かなかったのは、おとこ組の乗る便のほうがすごーく安かったからです
娘とワタシは仕方なく後の便をとりました)         
      17:30  おんな組、空港リムジンバスで広島空港へ出発

いつも飛行機に乗る時は、しっかりした誰かと一緒で頼り切っていたワタシ
ひとりで、ワタシよりももっと何も分からない娘を連れて外国までたどり着けるのか
すごく不安でした(^_^;)

広島空港には早めについて、スーツケースを預けて
手続きを済ませたら
空港内をぶらぶら

でも広島空港には、ぶらぶら時間つぶせるほどお店もないので
夜ごはんを食べにお店に入りました
窓の外はきれいにライティングされてます
IMG_0197.jpg
むこう側は滑走路
写真では見えないけど雪が結構降っていました
       
       20:45 ANA688便で羽田へ
       22:05 羽田着

スーツケースは広島で預けたらシンガポールまで運んでくださるとのことで
ピックアップしなくてもよく
国際線第2ターミナルまで無料バスで移動

乗り継ぎまで時間はあったのだけど何しろ時間が遅く
お店はほとんど閉店

娘は気になるお店があったらしく
「帰りに寄れる?」と聞いてきたけど
いやぁ…、帰りは逆に早朝着だから…(^_^メ)
IMG_0207_2014010613463541f.jpg
羽田ターミナル内もきれいにライトアップ
       
      23:50 ANA151便でシンガポールへ

日付が変わる前のまさに深夜便



12月28日(土)

乗ったらミネラルウォーターとスナックの入った袋が配られます

機内で映画とか見たかったけど、寝なきゃ早朝着だからつらいと思って
ワインをもらって飲んで眠りに着きました
娘もすぐ寝ていました

しかし、エコノミーの真ん中の4席並びの
それも中の席
リクライニングしても寝苦しい

持ちこみカバンを、物が取りやすいように足元に置いていたのもよくなかったね
途中で苦しくて目が覚めて
すごい気持ち悪くて脂汗がでてくる

じっとしていられなくて立ちあがって
後ろのCAさんのいらっしゃる所までふらふらしながら行き
床に倒れこんでしまいました

すぐに何人か寄ってきてくださって
風のスースー通る場所に倒れこんだので
毛布をかけてくれ、
「もう少しこちらのほうが暖かいですよ」と言ってくれましたが
「むしろこのほうが気持ち良いです」と言ってその場でしばらくじっとしていました

少しじっとしてたら良くなりそうですと言ったので
お水や、白湯を持ってきてくださいました


10分くらいしたら楽になりました
最初はほんとどうしようかと思いました

地上に降りるわけにもいかず
よくテレビで見る
「お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?」
みたいなことになるのか…とか
ワタシの旅行はこれで終わりなのか…とか
頭の中を巡っていました(笑)

お酒に強くないワタシが
ワインを飲み、窮屈な姿勢で眠り、
飛行機も結構揺れていたことが原因だと思います

それからは回復して
チャンギ空港に着いた時にはすっかり元気になってました

飛行機を降りるまで
CAさんたちが、大丈夫ですか?と何人も声をかけてくれました

      6:15 シンガポールチャンギ空港着


シンガポールに降り立つと
ほわ~んと暖かい

年末の日本は寒波でとても寒かったですが
わあ、赤道直近のシンガポールはやっぱり暖かい

と、思ったのもちょっとの間で
空港内は冷房がばっちり効いています

IMG_0217.jpg
クリスマスは終わったけど
ニューイヤーまで飾り付けがされているようです
とてもきれいでした
IMG_0210.jpg
なぜか、ロシア??

IMG_0209.jpg
ゴミ箱がユニークでわかりやすい

ANA便はチャンギ空港の第2ターミナルに到着します
第3ターミナルまで無人のスカイトレインで移動しました
IMG_0211.jpg
IMG_0213.jpg
ここが運転席の位置である車両の最前部です
運転士はいません

第3ターミナルに直結しているクラウンプラザチャンギエアポートホテルに向かいます
クラウンプラザ

ここに、一足早く深夜に到着した我が家のおとこ組が宿泊しています
IMG_0080.jpg
モダンでオシャレなホテルです
IMG_0222.jpg

あー!無事にたどり着けた~!!
ワタシにもできたわっ!!!
やればできるコなのだわ

と、思ったアラフィフのワタクシでした

続きます

読んでくださってありがとうございます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。